airanalyzer-ad

弊社が運営する電子製品メーカー「東京デバイセズ」は、二酸化炭素(CO2)濃度を測定することで空気の清浄度合いが分かるUSBデバイス「エア・アナライザ」を発売します。

プレスリリース(PDF形式)

プレスリリース本文

室内環境において、二酸化炭素濃度が高くなると、頭痛や肩こりなどの体調不良を引き起こします。特に近年では、オフィスや学校での集中力や作業効率の低下の原因として二酸化炭素濃度が注目されています。

「エア・アナライザ」は、二酸化炭素濃度、温度、湿度の3つのセンサを内蔵。コンピュータのUSBポートに接続することで、10秒に1回、空気の状態を測定します。データはコンピュータから随時モニタリングできるほか、ファイルに記録して後から確認や解析が可能です。

また、技術者向けにはSDK(制御ソフト)を無償で配布します。制御ソフトを用いることで、二酸化炭素濃度や温湿度を用いた独自のアプリケーションが開発できます。特に、Raspberry Pi等のシングルボードコンピュータに接続することで、空気の状態を遠隔監視するIoTセンサノードとして利用が可能です。

これまでCO2センサは大型で高価でしたが、エア・アナライザでは最新の素子を採用することで低価格化・小型化を実現しました。今後、ヘルスケア市場のほか、二酸化炭素濃度を用いた植物工場の管理や、在室検知・侵入検知など多分野への展開を予定しています。

製品詳細

高精度 USB 温度・湿度・CO2(二酸化炭素)濃度センサ 「エア・アナライザ」

販売情報

品名: 高精度 USB 温度・湿度・CO2(二酸化炭素)濃度センサ 「エア・アナライザ」
製品型番: IWS730-USB
税抜価格: ¥36,800 (本体、USB ケーブル、マニュアル)

東京デバイセズ公式サイトより注文受付中

参考写真

IWS730_1

IWS730_3